フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

twitterお気に入り

チュアブル関連

  • MoChA
    チュアブルソフト関連の記事はこちらにまとめました。

リンク:鉄道むすめ

無料ブログはココログ

« 「柴口このみ」ラッピング自販機@横浜シーサイドライン (2016/3/3) | トップページ | いわて×駅メモ! (2016/3/6) »

2016年3月10日 (木)

函館本線藤城支線・砂原支線 (2016/3/5)

まずはこれをご覧ください。
20160305hakodate01

この山は駒ヶ岳。北海道渡島地方、函館の北にある山です。雄大で荒々しい山容が青空に映えます。

3/5(土)、北海道へ行ってきました。目的は乗りつぶしです。函館から森の間、駒ヶ岳を取り巻くように8の字に函館本線が走っています。この区間を乗りに行ってきました。3/26の北海道新幹線開業でこの付近の列車の運転状況が大きく変わりそうなので今のうちに乗っておこうと思いまして。

朝一の飛行機で羽田から函館入り。よく晴れました。気温も5℃いくかどうかのはずですがそれほど寒く感じません。駅前には新幹線開業のカウントダウンボードがありました。あと21日。
20160305hakodate02

駅で「はこだて旅するパスポート」を購入。3080円。JRは森-函館-渡島当別に乗り降り自由(特急券は別途支払いが必要)。市電や函館バスも乗車できる優れものきっぷです。新幹線開業後は道南いさりび鉄道(木古内-五稜郭)も乗れるようになり3380円。目的の列車に乗るまで時間があったのでこのきっぷで函館どつく前まで市電で往復。
20160305hakodate03

20160305hakodate04

函館1036発北斗5号に乗車して森まで行きます。七飯から通称藤城支線へ。七飯から大沼の間は急勾配のため別線で迂回路が作られました。札幌方面の特急はこちらを通っていきます。新幹線が開業すると、特急は新函館北斗駅(今の渡島大野駅)に停車するため藤城支線を通らなくなるので、乗り納めの意味もあります。
20160305hakodate05

下の写真、下側に見えるのが渡島大野方面の本線です。
20160305hakodate06

大沼が近づき、駒ヶ岳が左に右に大きく見えたあとは駒ヶ岳駅経由で森へ1116到着。
20160305hakodate23

20160305hakodate07

駅から見える駒ヶ岳がまた素晴らしい。2つある峰がこちらからだとよくわかります。裾野が長いねえ。
20160305hakodate08

海の向こうには羊蹄山が見えました。こちらは優雅な姿。
20160305hakodate09

ここに来たらしようと思っていたことは一つ。いかめしを買う!買いました!食べました!うまー(^^)
20160305hakodate10

20160305hakodate11

1154発砂原支線経由の普通列車に乗車。ここは未乗区間。この支線も勾配緩和のために作られたもの。1両で駒ヶ岳の東側をとことこ回ります。
20160305hakodate12

20160305hakodate13

大沼からは今度は本線で七飯まで。渡島大野の駅名標をパチリ。現駅名はシール。天井から下がっている駅名標はまだ無地。開業の準備はあらかた整っている様子です。
20160305hakodate14

七飯1259着。これで8の字を一周したことになります。
20160305hakodate15

支線が分岐する方向を見てみるとこんな感じ。奥が藤城支線、手前が本線。支線はもうここからじわじわ上がっていくんですね。
20160305hakodate16

1336発の普通列車に乗車。普通列車でも藤城支線に乗ってみます。渡島大野の方向を見てみると、本線、新幹線の線路や車両基地が見えました。今後はあちらを利用することが多くなりそうです。
20160305hakodate17

20160305hakodate18

大沼公園1354着。車窓から見える駒ヶ岳があまりにきれいだったので途中下車してみました。駅横の大沼国際交流プラザで見どころを教えてもらってぐるっと散策。結氷した大沼の向こうに見える駒ヶ岳は見事でした。
20160305hakodate19

20160305hakodate20

1523発のスーパー北斗10号で函館へ戻り、スーパー白鳥34号で在来線特急での青函トンネル乗り納めもして、八戸の定宿へ一泊。
20160305hakodate21

20160305hakodate22

P.S.
大沼公園でちょっとしたハプニングがあり、大沼国際交流プラザの職員さんにはお世話になりました。ありがとうございました。

P.S.2
新幹線開業後の藤城支線経由の普通列車ですが、いままでどおり残るようです。ソースは七飯駅でもらった時刻表。特急で通るなら今のうち。

(2016/3/10:誤字修正、はこだて旅するパスポートの補足を追記)

« 「柴口このみ」ラッピング自販機@横浜シーサイドライン (2016/3/3) | トップページ | いわて×駅メモ! (2016/3/6) »

乗り鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559084/63323452

この記事へのトラックバック一覧です: 函館本線藤城支線・砂原支線 (2016/3/5):

« 「柴口このみ」ラッピング自販機@横浜シーサイドライン (2016/3/3) | トップページ | いわて×駅メモ! (2016/3/6) »