フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

twitterお気に入り

チュアブル関連

  • MoChA
    チュアブルソフト関連の記事はこちらにまとめました。

リンク:鉄道むすめ

無料ブログはココログ

« クリスマス列車柴口このみ号 (2015/12/19、20) | トップページ | 上毛電鉄新春イベント2016 (2016/1/3) »

2015年12月30日 (水)

嵯峨野観光鉄道 (2015/12/13)

12/13(日)の京都でのスタンプラリーの記事の続きです。

9時半に嵐山駅に着いてしまい、スタンプが押せるようになるまで時間ができました。さて何してつぶそう…。そういえばトロッコ列車まだ乗ってなかったなあ…。次の列車が出るのは1007か…まだ間に合うね!紅葉シーズンも終わりだし、今なら乗れるはずと思い、トロッコに乗りにトロッコ嵯峨駅へ向かいます。嵐山駅から歩いて15分ほど。JR嵯峨嵐山のすぐ隣です。
20151213sagano01

広いホールの中のきっぷ売り場へ行くと、えっ立席?そんなに人気あるの?!まあそれでもいいので1枚きっぷを買います。
20151213sagano02

改札が始まりますが、5号車の自分はまだホームに入れず。しばらくして列車が入ってきてやっと改札。ほう…DE10が嵯峨側について押し上げるんだ。改札のイラストもそうなってました。
20151213sagano03

20151213sagano13

5号車はというと、窓なしタイプの車両。これぞトロッコ。「ザ・リッチ」の名前がついてます。他の車両は窓がついてたり、石炭ストーブが焚かれてたりと暖かそうですが、こちらは窓がない分ダイレクトに風景が見られるのがいいですね。満員のお客さんを乗せて定刻1007に発車。
20151213sagano04

発車してしばらくはJR山陰線の下り線路を走ります。次の駅のトロッコ嵐山直前でJRと分かれています。トロッコが走る線路はもともと山陰線の線路そのものでした。
20151213sagano05

この先は単線で川沿いをくねくね行くため輸送のネックとなり、保津峡をトンネルでぶち抜く新線が建設されました。新線に切り替わると旧線は廃止されるのが普通ですが、風光明媚なこの区間を廃止してしまうのはもったいないとだれかが考えたのか、観光用の鉄道として残ることになりました。今や保津峡下りと合わせて観光ルートになり、春は桜、秋は紅葉が楽しめるようになっています。

トロッコ嵐山を出ると保津川べりへ出てきて、風景のいい区間が始まります。紅葉はだいぶ終わりでしたがまだまだ紅くなっている木もありました。保津峡の荒々しい流れや、山の風景、新線の鉄橋などガイドさんの話に耳を傾けながら30分弱の列車の旅が楽しめました。桜やモミジの盛りのころだとどんな風景が見られるんでしょうね。
20151213sagano06

20151213sagano07

20151213sagano08

20151213sagano09

終点のトロッコ亀山で戻りの便のきっぷを買い足して再び乗車。向きが違うと風景も違って見えるのが不思議。都合1時間ほどですが、列車の旅が楽しめました。ここを残した理由もよくわかりました。ということで完乗路線1つ追加。
20151213sagano10

20151213sagano11

20151213sagano12

« クリスマス列車柴口このみ号 (2015/12/19、20) | トップページ | 上毛電鉄新春イベント2016 (2016/1/3) »

乗り鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559084/62968088

この記事へのトラックバック一覧です: 嵯峨野観光鉄道 (2015/12/13):

« クリスマス列車柴口このみ号 (2015/12/19、20) | トップページ | 上毛電鉄新春イベント2016 (2016/1/3) »