フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

twitterお気に入り

チュアブル関連

  • MoChA
    チュアブルソフト関連の記事はこちらにまとめました。

リンク:鉄道むすめ

無料ブログはココログ

« 全国鉄道むすめ巡り2nd その13 大井川編 (5/2) | トップページ | 上田電鉄丸窓まつり (5/5) »

2013年5月 8日 (水)

大井川鉄道井川線 (5/2)

鉄むす巡りで千頭駅までやってきたのは前述のとおり。この記事では、井川線に乗ってきたときの様子を紹介します。

0818の発車時間少し前に井川線ホームへ行ってみました。そこには列車が3本待機していました。
20130502ikawa01

始発列車は手前にある関の沢のヘッドマークをつけた列車。こちらが先頭になり井川に向かいます。
20130502ikawa02

最後尾には機関車がついていて客車5両を押し上げて進みます。運転士は先頭車両からこの機関車を操縦するんだそうです。
20130502ikawa03

さすがにこの時間の列車は空いており、先頭車両に乗車できました。進行方向左手の座席に座ったら車掌さんが右側のほうが景色がよく見えますよと教えてくれました。なるほど。定刻に千頭駅を出発。右手には大井川の流れが見えてきました。
20130502ikawa04

ここのハイライトの一つはなんといってもここにしかないアプト式。アプトいちしろ駅に到着すると、最後尾に専用の電気機関車を増結します。面長が印象的。
20130502ikawa05
20130502ikawa06

先頭車からは先の様子がよく見えました。鉄道路線としては日本最急勾配90パーミルの勾配標とラックレールが確認できます。
20130502ikawa07

大きなダムが見えてきて、長島ダム駅までのアプト式区間終了。
20130502ikawa08

ここで専用機関車を切り離します。次の列車を迎えに坂を下っていった機関車をパチリ。急坂加減がわかるでしょうか。
20130502ikawa09

そのあともトンネルや鉄橋、急カーブの連続で大井川の流れに沿ってゆっくり進みます。山々の新緑がまぶしい…。車掌さんの案内放送で車窓の見どころを余すところなく楽しめます。関の沢橋梁では一時停止して景色をゆっくり眺められました。緑にまじり、藤の花があちこちで咲いています。
20130502ikawa10

井川駅に1009到着。駅の温度計を見たら13度でした。涼しいわけですね。
20130502ikawa11

井川ダムまでは歩いて数分。折り返し列車が出るまでに十分行って帰ってこれます。このダムを作るために井川線が作られたんですねー。ダム湖はこの時期水位が下がっているようです。
20130502ikawa12
20130502ikawa13

1035発、同じ列車に乗って山を下ります。こんなところまでよく線路を引いたものですなあ。
20130502ikawa14

今度は長島ダム駅でアプト式区間用機関車を増結。側面には歯車のマークが。
20130502ikawa15
20130502ikawa16

車体の下を見ると大きな歯車が見えます。実に興味深い。
20130502ikawa17

千頭駅に1222到着。往復4時間、のんびり車窓を楽しむことができました。みなさんも機会があれば、SL列車とあわせて井川線にも乗ってみてはいかがでしょうか。

P.S.
この車両、グリーン車だったんじゃのう(^_^)
20130502ikawa99

« 全国鉄道むすめ巡り2nd その13 大井川編 (5/2) | トップページ | 上田電鉄丸窓まつり (5/5) »

乗り鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559084/57339893

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川鉄道井川線 (5/2):

« 全国鉄道むすめ巡り2nd その13 大井川編 (5/2) | トップページ | 上田電鉄丸窓まつり (5/5) »