フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

twitterお気に入り

チュアブル関連

  • MoChA
    チュアブルソフト関連の記事はこちらにまとめました。

リンク:鉄道むすめ

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月 6日 (火)

PLUS+02、コンコレSPなど鉄むす新情報@東武FF

続いて、2011東武ファンフェスタでのトミーテックの出展の様子です。

鉄道むすめ関連の販売と展示が行われ、販売の方は新作のコンテナコレクション6やステーションポスター3などいろいろ売ってました。

で、展示の方ですが、新しい情報がいくつか出ていました。
20111204tobu06

まずは「鉄道むすめPLUS+02」から。模型ホビーショーでシルエットと下の名前だけが公開されていましたが、今回キャラクター名とイラスト、サンプルの写真が公開されました。
20111204tobu07

PLUS+02に収録されるのは以下の3キャラクター:

  • +04:「橋本 わかば」 事業者:京王電鉄株式会社 業務:運転士
  • +05:「宮本 えりお」 事業者:智頭急行株式会社 業務:車掌
  • +06:「井川 ちしろ」 事業者:大井川鐵道株式会社 業務:車掌

+04、ついに京王にも鉄むすが登場ですか。このままいくと首都圏の大手私鉄に鉄むすが出そろうのも時間の問題かも。多摩モノレールを経由して、小田急、京王、西武とイベントやってくれると面白いかもしれませんね。+05の名前は上郡駅(かみごおりえき)の逆読み(6文字目から4文字目へ読む)だそうです。これはなかなか分からないわ…。久しぶりに関西以西の事業者から。(12/7訂正:あ、PLUS+01で山陽新幹線のアテンダント「倉敷みずほ」がいましたね…(^^ゞ) そして+06、アプトいちしろ駅からかー。日焼けした肌が斬新ですね~。SLからの発想かしらん。どのキャラも個性的で期待できます。'12年3月発売予定。

2つめは新製品「コンテナコレクションSP」。ステーションポスターの絵柄をコンテナコレクションに取り入れたものになります。カラフルなコンテナになっていて、いいアイディアだと思いますね。構成は30フィートコンテナが12種(6キャラ×2種類のキャッチコピー)+シークレット2種。同じく'12年3月発売予定。
20111204tobu08

そして最後3つめ。鉄道むすめの広報担当キャラが紹介されてました。名前は「立石あやめ」。またかわいらしいキャラクターですねえ。人気出そう。是非フィギュア化してもらいたいものです。そういえば、トミーテックの通販サイトTEC STATIONのキャラが「立石かえで」でしたね。
20111204tobu09

TEC STATION
http://www.tec-station.jp/shop/Top.do

2011東武ファンフェスタ

12/4(日)、2011東武ファンフェスタが開かれましたので行ってきました。

この日は風が強かったもののとてもいい天気。東武が栗橋みなみのグッズを出して以来毎年行っていますので、もう4回めくらいでしょうか。慣れたもので、のんびり11時ごろに会場着。この時間でも入場の行列がまだできてました。
20111204tobu01

入ってすぐの場所で50000系のクリアファイルと消しゴムを売っていたのですが、その横に何やら見慣れたものが。こ、これは、50000系の窓に貼ってある「姫宮なな」のステッカーじゃないですかっ。クリアファイルと消しゴムセットで買うと1枚ついてくるとのことなので迷わず購入。…ほんとイベントって何があるかわからないですね…。ちょっと話を伺ったところ、実際に貼ってあるものと同じものだそうで、区別のためわざわざ穴が開けてあります。それでもこういうものが配布されるとは驚きでした。今回の一番の収穫だったかも。
20111204tobu02

20111204tobu03

そのあと栗橋商工会のブースへ行き、「栗橋みなみ」「栗橋あかな」の新イラストのカレンダーを入手。井上酒店さんのワイン、梅酒も売られていました。梅酒は今年採った梅の実を使ったものが早くも並んでました。
20111204tobu04

20111204tobu05

隣にはトミーテックが出展してました。こちらは新情報が多いので別記事にまとめます。

他は構内をぐるっと見学したり、勢ぞろいした車両を撮影したり。出展ブースを覗いてたら午前中の写真撮影の時間を逃してしまって、車両の写真はあまり撮れませんでしたm(_ _)m。午後別件の用事があったので、臨時列車の到着を見届けて13時前には会場をあとにしました。
20111204tobu10

なんでも12000人以上の来場者があったそうで、大人気のイベントでした。

鉄道ファン、至福の休日 埼玉・東武鉄道に1万2千人(asahi.com)
http://www.asahi.com/travel/news/TKY201112040378.html

2011年12月 3日 (土)

北リアス線復興支援列車に乗る(その2)

続きです。

浄土ヶ浜に小一時間ほど滞在し、バスで宮古駅へ。もう一つ見ておきたい場所があったので、歩いて向かいました。それがここ。
20111104yamada02

20111104yamada

閉伊川にかかるJR山田線の橋です。津波で橋桁が半分以上流されてしまいました。橋脚をよく見ると、ものすごい力で引きちぎられているのがわかります。

昼食を取ったあと、1310発の列車に乗り、小本1352着。宮古側で動いている復興支援列車の終着駅になります。乗った列車は1両増結され、そちらには20人ほどのツアーのお客さんが乗っていました。小本からバスに乗り換えて龍泉洞を見に行くのかな?ツアーコースに三陸鉄道がしっかり組み込まれているようです。
20111104omoto01
20111104omoto02

折り返しの1410発で再び宮古へ。そして宮古1610発→小本1652着。もうすっかり暗くなっています。ここからは北リアス線の不通区間をつなぐ岩手県北バスの連絡バスに乗ります。列車から乗り継いだお客さんで5割ほどの乗車率。1700発車。停留所が案内されるたびに降りる人がいて、地域の貴重な足となっていました。
20111104omoto03

田野畑、普代を過ぎると乗客も数えるほどになり、陸中野田1810着。駅業務も道の駅も営業時間が終わっており、寒い中列車を待つことに。せめて待合室だけでも開けておいてくれたらよかったのになあ。
20111104noda01
20111104noda02

そして陸中野田1900発→久慈1917着の列車で無事久慈へ到着。定宿のホテルに泊まったのでした。

三陸鉄道は11月から復旧工事が始められ、来年2012年4月には陸中野田-田野畑間、2013年4月には盛-吉浜間、そして2014年4月には全線復旧する予定とのことです。順調に工事が進みますよう願ってやみません。

北リアス線復興支援列車に乗る(その1)

11月の旅行をブログにまとめるのをぐずぐずしていたら、12月になってしまいました。(^^ゞ
もう1ヶ月経つんですねえ。

さて、前回の続き。11/4(金)は三陸鉄道の北リアス線に乗ってきました。この日はできるだけ三陸鉄道に乗ることと震災の状況をこの目で見ることを考え予定を立てました。

宮古のホテルをチェックアウトして駅に向かい、0805発に乗車。車両は震災時宮古に1両残った36-102でした。
20111104santetsu01

列車から外を撮影@一の渡駅。紅葉が綺麗でした。
20111104santetsu02

まず田老に向かいました。震災の影響で時速45キロのゆっくりしたスピードで線路を行き、田老駅に到着。…ニュースで分かっていたはずでしたが、目のあたりにする状況に絶句…。
20111104taro03

内側の防波堤まで行ってみましたが、街の一角がガレキの集積場になっているらしく、それを処理する重機の音が今も耳に残っています。
20111104taro01

駅前の観光案内所。建物自体は無事ですが中はこのとおり。待合室は片付いていましたが事務所の中は手付かずのようでした。
20111104taro02

小本から来る列車。信号設備が使えないので横に向けられています。
20111104taro04

田老0920発→宮古0942着で戻り、1020発のバスで浄土ヶ浜へ。
20111104jodogahama01

大きな被害をうけた海沿いの地域をバスは進み、奥浄土ヶ浜のバス停着。宮古へは夜行バスのビーム1号で何度か来ていますが、その終着点の浄土ヶ浜へはこれまで来たことありませんでした。白い小石の浜の先に不思議な形の岩が並ぶ光景、浄土と名付けられたのも分かる気がします。
20111104jodogahama02

ここも津波で被害を受けたのですが浜はきれいになっていました。ただレストハウスはベニヤ板が打ち付けられ閉鎖中。海沿いの遊歩道も通行止めになっており、満潮だったのか沈下したのか、波がその上までかぶっていました。

(続く)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »