フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

twitterお気に入り

チュアブル関連

  • MoChA
    チュアブルソフト関連の記事はこちらにまとめました。

リンク:鉄道むすめ

無料ブログはココログ

« コンテナコレクションVol.6発売 | トップページ | 北リアス線復興支援列車に乗る(その1) »

2011年11月22日 (火)

十和田観光電鉄へ

11/3(祝・木)、三陸鉄道へ行く前に十和田観光電鉄に乗ってきました。一度乗っているんですがどうも記憶が曖昧で、来年3月いっぱいでの廃止のニュースがあったこともあって、もう一度乗ってみるかと思い立ちました。

で、行く前。三沢までの切符を購入しようとしたところ(都合4日間の行程なのでスリーデーパス等は使えず)、「別会社なので八戸までになります」とJRの窓口氏に言われました。新幹線開通に伴う在来線分離ってこういうことなんだ…。沿線の人たち不便に思ってるんじゃないのかなあ。

当日は東京0628発はやて11号に乗り八戸まで。そこから青い森鉄道に乗り継ぎ三沢に1005着。十鉄三沢駅はJRとは別の建物で、良い感じに古さが出ています。
20111103towada01

1日乗車券を買って改札を入ると、元東急の7000系電車が待っていました。中へ入ると、つり革にはBunkamuraの文字が…。東急で使われていたときのままなんでしょうね。
20111103towada02

20111103towada03

まずは終点の十和田市駅まで行きます。沿線の高校で文化祭をやっているらしく、結構乗り降りありました。それ以上に鉄ちゃんも乗ってましたが。十和田市駅はスーパーの建物に併設する形で作られていますが、スーパーは建て替えのため閉店中。
20111103towada04

すぐの折り返しには乗らず、あたりを散策。ちょっとしたショッピングモールのようになっていて、閉店スーパーの裏では新しい建物が建築中。道の反対側には量販店が軒を並べてました。バスターミナルの機能はここに残るのかなあ。

1階の立ち食いそば屋でお昼にしたあと、1220発で途中の七百駅まで。駅舎自体はこじんまりとしています。もちろん無人駅。
20111103towada05

ここには車庫と変電所があります。車庫にはなかなか年代物の車両が何両か。写真は左からED402、ED301、3603、モハ3401。青い屋根の建物が七百変電所。路線廃止後、これらの車両はどうなってしまうのでしょう。
20111103towada06

駅にいる間に、貨車をつないだ電気機関車が車庫から出てきてホームへ入り、三沢方面に走っていくのを見ることができました。ちょっと得した感じ。行った日の数日後にイベントがあり、そのための試運転をしているようでした。
20111103towada07

七百1312→1327十和田市1340→1406三沢と乗って今回の再訪は終了。廃止決定済みの路線に乗るのは感傷ぽくなってしまうのでつらいですね。やっぱり普通に動いている鉄道路線に乗るのがいいな。動いてこそ鉄道、人や貨物を運んでこそ鉄道と思います。十和田観光電鉄、ありがとう。
20111103towada08

この日はその後青い森鉄道で八戸へ戻り新幹線で盛岡へ。106急行バスで2000ごろ宮古について一泊となりました。

« コンテナコレクションVol.6発売 | トップページ | 北リアス線復興支援列車に乗る(その1) »

乗り鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559084/53307976

この記事へのトラックバック一覧です: 十和田観光電鉄へ:

« コンテナコレクションVol.6発売 | トップページ | 北リアス線復興支援列車に乗る(その1) »